ネット集客の仕組みを学んで事業に繋げよう

>

ネットで集客する際に気を付けたいこと

この記事をシェアする

そのサイト、本当に見られてる?

せっかくwebサイトを立ち上げたのに、いまいちアクセス数が伸びないというのは、ネット集客によくあるお悩みの一つです。

では、なぜこのような問題が起きるのでしょうか?
それは、見込み客の悩みやその解決方法に繋がるキーワードを、企業側がきちんと調べていないことが原因の一つとして考えられます。
しかもこのミスは、90%以上の確率で行っていない可能性が高い上に、集客のハードルを上げているものなのです。
キーワードと、そのキーワードに関連する言葉の検索数を調べる必要があります。

見込み客が必要としているもののキーワードが含まれていないホームページを作成しても、検索結果の上位に表示されることがない、すなわち見込み客を獲得する機会を失ってしまうのです。
だからこそ、先ほど述べた事柄を調べ、きちんとニーズに沿うようにホームページを作らなくてはならないのですね。

伝えたいことはシンプルに!

ネット集客には、なにもwebサイトだけを利用することを指すわけではありません。
最近では公式のLINEアカウントや、TwitterなどのSNSアカウントを有効活用している企業も少なくありません。
今や多くの人が利用している媒体を使えば、不特定多数の人の目に入りますし、それだけアクセスの可能性を広げることができますよね。

しかしこういった媒体を多く使うことで、よく起きる失敗例があるのです。
それは、一つの媒体にいくつもの情報を載せすぎてしまうこと。
商品やサービスの紹介をしたあとにイベントの情報を流し、さらに別ページへの誘導ができるようにしている、なんてことはありませんか?
便利なように見えますが、客からしたらなにを伝えたいのか、どこが一番重要なのかが分かりづらいのです。
ですから、ツールによって紹介、誘導などそれぞれ別の目的を持たせるようにするべきなのです。