ネット集客の仕組みを学んで事業に繋げよう

>

DM集客と比較!ネット集客とは?

この記事をシェアする

どんな手順で進めるの?

ネット集客ではついつい、サイトのアクセス数を増やし、クライアントからの問い合わせをたくさんしてもらうことばかりに目がいきがちです。
もちろんたくさん閲覧してもらった方が知ってもらえるわけですが、契約をするかどうかはその企業を信頼するかどうかに関わってきます。
すなわち、ネット集客こそ契約の見込みのあるクライアントとの関係性を上手に構築するプロセスを織り込まなくてはなりません。

では具体的にどのようにしていけばよいのでしょうか。
必要なのは、たった2つのステップです。
そのステップとは、「コンセプトを決める」こと、「コンセプトを関係構築の仕組みにしていく」ことです。
これらのステップに時間をかけて丁寧に取り組めば、クライアントとの信頼関係を構築し、自分の企業の躍進に繋がるのです。

コンセプトの決め方が集客を決める!

では、手順の具体的な説明をしていきます。
第一のステップである「コンセプトを決める」。
自分の会社や事業の強みをどうアピールするのかがあやふやでは、クライアントにとっても分かりづらく、敬遠されてしまいます。

コンセプトを決めるというのは、「ターゲットとなる人の人物像を考える」「独自性を確立する」「その独自性や会社のポジショニングを伝えるメッセージを考える」ことです。
どんな相手を想定した事業なのかを明確にすれば、おのずと伝わるアピールの仕方が見えてきます。

また、その会社を選ぶ決め手となる会社のオリジナリティや、社会でのポジションを確認してみましょう。
同じような事業を行っていても選んでもらうには、その会社にしかない強みを最大限生かすことがカギです。

そして、その強みをしっかりと多くの人に届くようなメッセージや宣伝内容を考えていきます。
クライアント獲得のためにも、一つずつ確認してみて下さい。